電動自転車の選び方【ママにもわかる!2019年版】

「ママにもわかる!電動自転車の選び方 2019年版」はおススメの電動アシスト自転車の比較や人気車種、電動自転車ユーザーレビューなどをガイドします。




電動アシスト自転車の知識

坂道の多い街に住むあなたに「電動自転車」を進めたい理由

投稿日:

自転車での移動というのは、歩くよりも楽でしかもある程度のエクササイズにもなりるので、日常の足として使用している人は少なくありません。

加えて買い物での荷物が重くても、それを運ぶだけの機動力もあります。

しかしこの自転車、たった1つ弱点があります。それは坂道です。

坂道の多い街に住む人にぜひ勧めたいのが、電動自転車です。

おすすめの理由を5つ、述べていきましょう。

バイクでもいいけど電動自転車なら免許要らず

坂道だって荷物が多くなっても、バイクなら楽々だと愛用している人も多いでしょう。実際、50ccのバイクは普段の買い物などに便利です。

しかしバイクの欠点は、免許が必要なことですね。免許なしでは運転ができません。

しかし電動自転車ならどうでしょうか。免許も必要なく、電動アシストのおかげで坂道でもスイスイ走れます。

完全自動で走るわけでないので、バイクよりも脚のエクササイズにもなります。

免許無しで使えて機動力の高い電動自転車は、坂道の多い町に住む免許を持っていない人には最適の乗り物ですね。

そして何よりバイクの場合、ガス欠になったらもう走るどころか何も出来ないことになります。

電動自転車なら、その心配もないのです。バッテリー切れを起こしたら、普通の自転車として使うことが出来ますから、自由度に置いてもずっと進んでいるのですね。

ママチャリは安いし手軽に使えるけど坂道で重い

ママチャリは何と言ってもコスパ面では最高です。お値段控えめでしかも自分の足で漕ぐことによって、日常の運動にもなるという素敵な乗り物です。

しかし問題は、重さです。

実際の重さだけではなく、特に坂道での漕ぐ時のペダルの重さは、エクササイズの領域を超えていますね。脚が太くなりそうです。

実際、漕ぐこともきつすぎて降りてしまった挙げ句に、自転車を押して坂を上がるなどということ、経験ありませんか。

しかし電動自転車ならその心配、一切ありません。降りること無く坂道を、ママチャリを押して歩いている人を横目に、スイスイと漕ぐことが出来るのです。

電動自転車は重いけど坂道の走りはスイスイ

電動自転車、実は自重はかなり重いのです。スタンドを立てる時に、びっくりした人も多いですよね。どうしてもバッテリーの分、重くなってしまうのが電動自転車です。

しかしその重さ、走っている時にはまるで感じません。まるで重さの無いように、スイスイと走れます。

急な坂道でも凸凹の道でも、疲れている時でも勿論です。

買い物の荷物が重かったりすると、普通の自転車の場合ペダルも重くなるものですが、電動自転車にはそれもありません。

どんな道でも軽く走れます。運転者が疲れている時でも、脚に優しいのが電動自転車の特徴です。

仕事や家事で疲れている時でも、電動自転車なら坂道も物ともせずに走ってくれますね。

大きなバッテリーで長い坂道でも長時間走れる

電動自転車電動自転車でちょっと困ってしまうのが、バッテリー切れです。自重の重い電動自転車ですから、バッテリーが途中で切れてしまうともう、ペダルも重さ百倍です。

しかし今の電動自転車の場合、バッテリーが以前のものとは違っています。

特にリチウムイオン電池の場合、寿命は長く重量は軽いと言った特徴があります。

加えてバッテリー容量が大きいと、かなりの長時間充電無しで走ることが可能です。容量が20.0Ahの場合、平均値として60キロ以上の走行が可能です。

時間換算すると、8時間位走れるということですね。

あまりに長時間の走行が可能なので、逆に充電を忘れることの無いようにしたいものです。

電動自転車は富士山の傾斜角度でも登れるかも!

普通の坂道の場合、傾斜角度が10%を超えると、普通の自転車のペダルはもう、重くて動かなくなります。男性の脚の力でも、これは辛いと言われています。

12%を超えてしまうと、もうペダルはびくともしないと言う結果が、出てしまいますね。

私もヒルクライムは何度も登っていますが斜度が10度を超えると、やっぱしんどい。

しかし電動自転車なら、この傾斜でもまだまだ軽快に走れます。

まあ普通の街の場合、そこまで急な傾斜角度の坂道はまず無い、とも言えませんね。実は昔ながらの街の場合、坂道は結構多いものです。

そして何よりも問題になるのは、その坂道の長さです。短ければ普通の自転車でも、立ち漕ぎなどで対応ができないこともありません。

しかし長い坂だったら、流石にギブアップですね。

電動自転車の本領は、長い坂でもそのまま軽く走れることにあります。富士山とかの山道でも、傾斜角度は実は12%くらいの道が麓ではほとんどです。

これなら富士山を登るのも、電動自転車で出来ないことはない、と言えますよね。

まとめ

坂道の多い街というのは、実は日本では多いのです。坂の少ないと言われる地域でも、やはり坂道は完全にないとは言えません。

これまでは必死に、普通の自転車を漕いだり、諦めて足で歩くのが一般的でした。もしくはバイクや自家用車など、ガソリンの必要な機械での移動でした。

しかし今では電動自転車という、免許も必要なくローコストで楽に走れる自転車が販売されているのです。坂道の多い街に住む人に、ぜひ!使用をおすすめしたいですね。

enkeeo 電動アシスト自転車 折りたたみ 14インチ 4way走行モード ブラシレスモーター 250ワット バッテリー内蔵 2550mAh 大容量 サイクルコンピューター ブレーキ リフレクター付き 軽量 コンパクト 通勤 通学におススメ B2【メーカー保証】
enkeeo

-電動アシスト自転車の知識

Copyright© 電動自転車の選び方【ママにもわかる!2019年版】 , 2019 All Rights Reserved.