電動自転車の選び方【ママにもわかる!2019年版】

「ママにもわかる!電動自転車の選び方 2019年版」はおススメの電動アシスト自転車の比較や人気車種、電動自転車ユーザーレビューなどをガイドします。




電動アシスト自転車の知識

失敗しない【3人乗り電動アシスト自転車】選び方・5つの知識

投稿日:

3人乗り電動アシスト自転車の選び方について考えてみます。子供が2人以上居ると外出するにも一苦労です。抱っこ+ベビーカ―、そして荷物となるとお母さんの負担も大きいですよね。

しかーっし!電動自転車があればお出かけもぐんと楽になり行動範囲もぐんと広がります。

そんな便利な電動自転車ですが何歳から何歳まで乗れるの?3人乗りとかする場合、どんな自転車を選べばいいの?といった疑問を解説していきたいと思います。

子供を乗せるフロントシートとリアシートには体重・年齢制限がある

電動自転車には、法令によって制約というのが定められています。

フロントシート(前部)とリアシート(後部)に乗せられる子供には、年齢や体重などの制限があります。

フロントシートの場合

  • 子供の体重が15kg以下である
  • 子供の年齢が1歳(12ヶ月)~4歳(48ヶ月)未満である
  • 目安身長が70cm以上100cm以下である
  • 子供を2人乗せる場合、ヘッドガード(頭部まで覆うシート)が必要

リアシートの場合

  • 子供の体重が22kg以下(シート本体の重量も含む)である
  • 子供の年齢が1歳(12ヶ月)~6歳未満である
  • 目安身長は70cm~115cm以下である
  • 子供を2人乗せる場合、ヘッドガードが必要
  • 脱落防止のためにシートを固定する補助ベルトか紐が必要

電動自転車を購入したけど思ったよりも使用期間が短かったとならないよう、1歳頃になると検討するのが良いかもしれません。

3人乗り電動自転車のタイヤのサイズの選び方

タイヤサイズは主に3種類に分けられます。

前後輪20インチ

  • 重心が低いので安定性がある
  • シートも地面に近くなるので乗せ降ろしが楽
  • 小さいので小回りがきく
  • スタンドを立てるのが楽
  • 小柄なお母さん向け

前輪22インチ、後輪26インチ

  • 速度が出ると楽に走行が可能
  • 前後22インチに比べて重心が高くなるので乗せ降ろしが大変
  • 長距離を走るのが楽

前後輪26インチ

  • タイヤが大きいのでぐいぐい漕げる
  • 一般的な自転車と同じサイズなので、子供が大きくなってからはシートを外して乗ることが出来る
  • 乗せ降ろしが大変

主にお母さんだけ乗るのであれば重心が低い小さめタイヤの方が安定して走りやすいです。

しかしお父さんも兼用で乗るのであれば小さめタイヤは乗りにくく大きいタイヤを選ぶ方が良いでしょう。

3人乗り電動自転車の重量

普通の自転車を乗った事がある人ならば、電動自転車ってなんて重いんだろうと思うでしょう。

バッテリー、モーター、さらにはチャイルドシートも乗っているのですから重いのも当然と言えるでしょう。

大体30kg近くの重さがあります。

さらに子供を乗せると100kg近くある自転車をお母さん1人で支えて乗ることになります。

その重さを支えるためにバッテリーが搭載されている訳ですが万一バッテリーが切れてしまった場合コントロールが難しいか、安定させる難しさ危険性をしっかりと頭に入れて走行しましょう。

3人乗車時の注意すべき点

子供を2人乗せる上で安全基準(十分な強度・駐輪時の転倒防止のための操作性や安全性が確保された自転車)というものがあります。

安全基準を満たした自転車かどうかは「幼児2人同時基準適合車」というシールが貼られているかで判断できます。

また自転車は平らな場所に駐輪するようにしましょう。

電動自転車は重量もあるのでL字型のワイドスタンドが一般的です。

このL字型スタンド、傾斜のある場所で停めると簡単に重心が傾くので子供が乗車時・乗る時には細心の注意を払わないと転倒に繋がります。

バッテリー容量とは

バッテリー容量を選ぶ時には、利用頻度や利用する環境を参考にして選ぶと良いでしょう。

電動自転車のバッテリー容量の大きさはAh(アンペアアワー)で表されます。

単純にこの数値が大きければ、バッテリー容量が大きく1回の充電で長い距離の走行が可能となります。

ただ、同じバッテリー容量でも車体の重さによって走行距離が変わってくるので注意しましょう。

容量の大きいバッテリーを選ぶと充電の回数を減らす事もできますし、充電回数が少ないとバッテリー自体の寿命が伸びるので嬉しいポイントですね。

子育てに役立つ自転車の機能

3人乗り電動自転車の多くに「ハンドルロック機能」がついています。

スタンドを立てたら自動でハンドルがロックされ子供を降ろす際ぐらつかず安全に乗せ降ろしが可能になります。

また変速機がついている電動自転車はおすすめ!ギアチェンジでバッテリーを節約が可能となります。電動自転車の変速機のほとんどは内装変速機を使ってのギアチェンジなのでチェーンが外れる心配もないです。

坂道の時は強アシストモードで、子供を1人しか乗せていないときは標準モードなどシーンによって使い分ける事でバッテリーの節約をするのもオススメです。

まとめ

3人乗り電動自転車にもたくさん種類があります。

ポイントをしっかりと押さえていく事で自身の環境にあった電動自転車が見つかっていくと思います。

大事な子供を乗せる自転車です、安全基準をしっかりと満たした自転車・乗せ方を学び万が一転倒してしまっても子供が怪我をしないようにしたいですね。

¥1,650 (2019/10/18 18:37:48時点 Amazon調べ-詳細)

-電動アシスト自転車の知識

Copyright© 電動自転車の選び方【ママにもわかる!2019年版】 , 2019 All Rights Reserved.